スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わりますた

どうもありがとうございました。

この記事でひとくぎりつきました。


・・・きたない水を飲みよります。

ザベスの使い方も、とてもうまくなりました。

CIMG0773c.jpg

同情して、

ますますアンパンもらえるようになりますた。

犬はもう40kg越えますた。 犬自己新。いぬじんじこじん

CIMG0642.jpg

林道の朝ばっばです。

今日でザベスともお別れです。  「わ~い^^」

でも、恒例の、

小芝居をする元気はありません・・・書き手が。

CIMG0808.jpg

「抜糸どうしましょうか? 島には動物病院がないんですけど。」

「簡単ですから、自分でやってください。ははは^^」

犬の医者は、COWCOWの伊勢丹の紙袋のような満面の笑みで、

そう言ったけれど・・・

なんかやっぱ、とても・・・できそうにないですだ。

CIMG0644.jpg

結局・・・

以前、相方が救急車で運ばれた、かわいい女医さんところに、

お願いしますた。

病院の玄関に車を横付けし、その中でやってもらいました。

はあ、はあ、はあ・・・

はあ、はあ、はあ・・・

男ふたりと看護婦さんが必死に押さえつけて、

はあ、はあ、はあ・・・13針分取りますた。

みんな汗だくになって、それはそれは大変な処置でした。

やっぱり、とても自分ではできなかったと思いますた。

CIMG0811d.jpg

はあ、はあ、はあ・・・

はあ、はあ、はあ・・・


がんばったね、ばっばくん。

CIMG0810.jpg

とりあえず、ばっばくんは無事に過ごしています。

すぐに死ぬことはなさそうです。

台風が去ったらすぐに潜りだすと思います。^^


以上、犬とドタバタありのままのありを綴ってきました。
小っちゃかった、情けなかった、弱かった。

こんな記事におつきあいいただいて、
本当にありがとうございました。
コメントは何度も読みました。涙もずいぶん流しました。
でもカウンター見て、こんなに読んでくれてくれていると、
思うだけで、心がどんどん楽になってきました。

コメントは楽しみにぼちぼちお返しいたします。

ほんとうにありがとうございました。

再会(再開)ブルースが歌えますように・・・さいなら




スポンサーサイト

テーマ : ワンコとのドタバタ日記 - ジャンル : ペット

犬と歩いて

郵便局に手紙を出しに行く途中に、ばっばくんのお友達がいました。

じいちゃんばあちゃんの住むこの島に、毎年夏休みに遊びに来て、

ばっばくんを散歩に連れて行ったり、一緒に泳いだりする子です。

中学生の頃、ばっばくんと初めて泳いで潜ってそのとりこになり、

CIMG0781g.jpg

いつも島に着いたらすぐにばっばくんを連れ出しにやってきます。

でも今年は、ダメザベス。  ばっばくんと泳げないザベス。

もう大学4年生で、来年就職したらなかなか来れないだろうし・・・

ばっばくんももう・・・・。 だから今年がたぶん最後だったのに。

ばっばくんのザベスが取れる頃にはもう福岡に帰ってるね。

もっとゆっくり成長したかったね・・・・・・ふたりとも。

CIMG0779.jpg

とうとう郵便ポストの前に着きましたが、

ばっばくんは出したくないと言ってます。

これですべてが終わります。

楽しかった13年間の素朴な生活は、

あっと言う間にくずれさってしまいました。

CIMG0782.jpg

郵便局からの帰り道、バス停のところで

ばっばくんが動かなくなりました。

暑かったからちょっと疲れたのでしょう。

CIMG0788.jpg

ここは、バス停のくせに、

時間がゆっくりと流れているから、

わしの大好きな場所のひとつです。

CIMG0791g.jpg

ばっばくんもそれを知っているのか?



できれば・・・

このまま・・・

時間が流れないでほしい。

CIMG0793.jpg

島にたどりついたことを喜んでくれてありがとう。
わしもばっばくんもやっと少し前を向けるようになりましたが、
もうわからん
ごめんなさい相方は鍵コメ見れません。
はずかしながらまだ続く。

テーマ : 別居・離婚 - ジャンル : 結婚・家庭生活

島で犬と生きる

犬は患部が腫れておしっこが出にくくなって、尿漏れポタポタひどくなり、

ああ手術をしないほうが良かったか、などとまたネガティブなことを考える、

ほんとにわしは、もうどうしようもないじじくそまんきんたん。

CIMG0618.jpg

病院で、たまっていた手術のあとの血の汁みたいなものを抜いてもらい、

「ストレスのないところで過ごした方が回復が早いですよ。」

「ワンちゃんの住みなれた場所で、免疫力に期待しましょう。」

でも、あまりにも猛暑が続くので、長い道中、犬も大変だし・・・

とか言ってるけど、本当は飼い主のわしが・・・

あんまり帰りたくなかったりして・・・なんちゃって・・・

・・・・・・・・


「・・・帰ってきたよ。」

CIMG0605.jpg


「ここがボクの島だよ。」

歩いてお散歩

「おぉ~、ばっばちゃん、長い夏休みだったなぁ~、おかえり。」


「あんぱん大王に、おいしいパンをもらえるよ。」


注 : これはわしが食べたい、すごくおいしそうな菓子パンだった。

CIMG0801.jpg

ばっばくんの

笑顔が戻ってきました。

そりゃそうでしょう。

CIMG0635.jpg

キレイな海で・・・・・

毎日楽しく・・・

CIMG0805.jpg

・・・泳げ・・・・ません!


「はいっ、そこまでっ!」

あと10日辛抱しな。

CIMG0804.jpg

相方がたいせつにしていたコメント欄に助けられ・・・

今、ばっばくんと島で生きています。

・・・まだつづく。



テーマ : ♪人生・生き方♪ - ジャンル : ライフ

犬と生きる

ご心配をおかけして申し訳ありません。

自分でも自分の精神状態が情けない、犬さえ元気になればなんとか


鶏の炭火焼とおにぎりを買って、道端でばっばくんと食べました。

わしは人見知り芸人なので、誰にも話しかけられないように、

こんな状態の時は尚更、笑顔を作りたくもない。

運が悪いことに3人連れのおばさんハイカーに話しかけられた。

そのうちの一人が、ばっばくんに顔が良く似たラブラドールを飼ってたそうで、

でも若くして病気で逝ってしまったそうです。ああ

その人とラブラドールの素晴らしさで話がはずんだ、意外な展開。

CIMG0564.jpg

でも、この逃げ腰の出会いのおかげでちょっと落ち着いた。

違う病院でセカンドオピニオンにかけて見ようと思った。

「膀胱に腫瘍はおそらくないでしょう。」

「体の中のもう一個のかくし玉を摘出して、前立腺を薬で叩きます」

「・・・せんせ、馬場は高齢やけん、体力が~・・・」

「11歳でも12歳でも必要な手術はやるんでです。」

・・・この一言で手術をすることに決めました。

でも、なんでこんなにも犬の病院は行くところ行くところで、

見解が違うんだろう。前の時もそうだった。

CIMG0571.jpg

注意 : 次の写真にばっばくんのかくし玉が登場します。

     心臓のの弱い方は見ないほうが良いですよ。

高齢犬は麻酔が危ないと聞いていたので、手術中ずっと息をしているか、

もし、息をしなくなったら窓越しにドアをたたいて、せんせに教えようと、

ばっばくんのお腹の動きを、こぶしに力を入れてずっと見ていました。

手術が終わって中に入ったら、機械から犬の呼吸の音がピーピー鳴りよった。

なんちゅうこつや、心配して損した。

CIMG0570c.jpg

ばっばくんのかくし玉が、なかなか見つからず、

思わぬ大手術になりました。

前立腺はものすごく肥大して、腸や尿道を圧迫してるようですが、

腫瘍はとりあえず見当たりませんでした。

CIMG0574c.jpg

あさザベス、ばばザベスに続き、またザベス。

もう慣れたものでした。ほとんど嫌がりませんでした。

もうこれで最後ザベス。二週間我慢するザベス。

CIMG0590c.jpg

「泳いでええか? おやぶん。」


「ダメに決まっちょるやろうが!」

CIMG0586.jpg

まだつづく。

鍵コメが長い、皆一生懸命書いてくれちょる。本当にありがとう。

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

犬と逃亡記

七夕が終わってから島を出ました。

この頃からすでに、ばばのばばは出が悪かったのです。

CIMG0400.jpg

海を渡り、遠くにうっすらばっば島が見える道の駅の駐車場で

ばっばくんとのり弁を食べました。

雨がしとしと降っていました。

今思えばこの時が、一番みじめな気持ちでした。

ばっばくんも涙が止まらなくなってきました。

CIMG0414c.jpg

それから数日間実家で用事を済ませ、ドリーミンやローリーに励まされ、

またばっばくんと高速に乗りました。 相方を迎えに行くつもりでした。

最近また、ばっばくんのウンチの出が悪くなってきたので、

先に、正月に去勢手術をした病院に診察に行きました。

「膀胱に腫瘍が出来ているようです。」

「この大きさからすると、なんとも言えません・・・」

「尿毒症になったらもう2~3日で・・・」

「食べた物を戻すようになったらすぐ連絡下さい。」

CIMG0541.jpg

涙をこらえきれんかった。

診察室から出てきたばっばくんがはあはあ言っていたので、

とにかく泳がせてやりたくて、近くの淵に向かいました。

なんでこんなことに・・・うう。弱り目に祟り目踏んだり蹴ったり。

自分のことばかり考えて、ばっばくんに救いを求めてばかりいて、

ばっばくんのストレスのことはちっとも考えていなかった。

ごめんよばっばくん。君が一番つらかったんだ。

CIMG0546.jpg

やせたカッパが現れて、ばっばくんとわしに別れを告げた。

なんでこんなことになったんだろう。

悲しいと言うより呆然。どうすればいいのかこれから・・・

尿毒症は苦しむのか?

もう高速には乗らなかった。

山中をさまよった。枝ぶりのいい大きな木がたくさんある。

犬は首輪をし慣れているから、首吊っても死なないのか?

息絶えたわしのとなりにぶら下がって、

グエ~グエ~・・いつまでも言うとったらかわいそうだし。

この期に及んでこんなことを考える自分にあきれた。

CIMG0556f.jpg


シカが現われた。

ばっばくんと長時間、ず~~っと・・・

にらめっこしていた。

ジャイアント馬場とグレート小鹿のにらみあい。

シカが何か言った

「・・・生きるシカない。」

CIMG0562c.jpg

はずかしながら、つづく。

コメント返事はまだしーきらん、ありがと。

テーマ : LAB☆LOVE☆ラブラドール - ジャンル : ペット

プロフィール

babbakun

Author:babbakun
もぐる漁師犬ばっばくん
1999年7月12日生まれ
ラブラドール・レトリーバー


      

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
☆お気に入りリンク☆
カテゴリー
ばっばくんのお友達
お気にめしたら♪

にほんブログ村 犬ブログ ラブラ
ドールへ

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。