スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島のオドロキ

本日はちょっとオドロオドロしい島のおはなし。

ところ変われば…で、
島に移住して、生活習慣やら何やら驚くことがたくさんあります。
そのひとつ・・。

この村では5年くらい前まで火葬は地区の人たちが行っていました。
この火葬施設というのが、ただの焼却炉のようなものでして、
子供達の海水浴場(ただの浜ですが、)のすぐそばにあります。

これが離島漁師犬一家の住んでいる村の全貌です。
CIMG2141.jpg


火葬を担当するのは、亡くなられた人の部落(地区)の住民。

火葬の後には、「今日はキレイに焼けたなぁ。」とか
「焼くのに時間がかかったなぁ。」とか
ブラックな会話をあたり前のようにしています


『あわび~、何のはなし~? ボクの出番は~?(ブー)』
CIMG3937.jpg


今はこの火葬施設、老朽化のため取り壊されてなくなってしまいました。
おやぶんは、火葬に借り出されずに済んでホッとしています
(以前、何やら理由をつけて逃げたことがあります。)

棺おけもお手製です。
自治会長さんやら、部落長さんやらが材木を買ってきて
トン・チン・カン。
不器用なおやぶんも参加してトン・チン・カン。
ストック(?)がなくなるとこしらえます。


死装束もお手製です。
これまた、ストック(?)がなくなると島の奥様たちが集まって作ります。
わたくし、あわびも縫いました。

普通、縫い止りのところは返し縫いをするのですが、
死装束では返し縫いをしません。
亡くなった人が帰ってこないようにだそうです。
他にもいろいろと謂われがあり、教えてもらったのですが
覚えていません…

市販のもの(と言うのかどーかは分かりませんが)を買えば、
早いし手間も掛からないのに、何故か今なお続く習慣です。

家族同様に暮らしたの村人を、みんなで見送ろうという気持ちなのかも知れませんね。

島での貴重な体験のひとつです。。


『どーして、今日はボクのはなしじゃないんだ~!』
CIMG4001.jpg


なんちゅう、カッコやねん!


      
               にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
                 ↑ ↑ ↑
        毎度、応援クリックありがとでございます
スポンサーサイト

テーマ : 田舎暮らし日記 - ジャンル : ライフ

コメント

なるほどねぇ~。色々あるんやねぇ~^^;
ウチの母上&お婆の会話にも
『今日は上手に焼いとったったなぁ~』
とか
『ごついチトやったから、大きい骨やったなぁ~』
とか、普通に言うておりますーー;
年を取るって怖いです(笑)
こちらでは、葬儀場を使わない場合は部落の公民館を使い葬儀します。亡人が同隣保のチトだった場合、父上(男衆)が式の世話をし、母上(おなご衆)がおかず炊きに行きます。
でも、流石に棺桶は既製品です^^;
でもって、白装束も既製品です^^;
私からすれば、
葬儀場ですれば手間も掛からず手っ取り早いのに・・・。と思っていました。
私の思いが通じたのか最近では、多くのチトが葬儀場でお別れをします。

そんな島をあげて送ってもらえるなんて、幸せですよね^^

PS:T肥満のチトを火葬した時、脂肪(油)で燃え過ぎ、火事になった事がある!ってTVでみました≧▽≦;やせなきゃ(笑)

B.J.crew さま

う~ん。師匠のとこもかなりブラックな会話が飛んでいらっしゃるようで…
さすが大仏お婆ですね(笑)
実は、ブログ上では書けないくらいものすご~い恐ろしくリアルな会話が
飛んでおりますi-282

ところで、師匠。。。写真でちょいと拝見するかぎり、
ダイエットは不要なようにお見受けいたしますよ~^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

babbakun

Author:babbakun
もぐる漁師犬ばっばくん
1999年7月12日生まれ
ラブラドール・レトリーバー


      

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
☆お気に入りリンク☆
カテゴリー
ばっばくんのお友達
お気にめしたら♪

にほんブログ村 犬ブログ ラブラ
ドールへ

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。